*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.20 (Thu)

GW 小田原の祭り 2010

※おまけにpic追加
祭り記事お待たせ!!
既にyoutubebに何本か動画挙げてあります。
http://www.youtube.com/kaztima109
●欲しい写真・動画、あったら連絡下さい♪
元データを送ります(ここに載せてあるのはwebアゲ用に小さくしてるので)
「他の」「xx区が写ってる写真が欲しい」とかも探してみますよ///
★載せてある写真は『悪用禁止・商用は連絡』を前提に、
ご自由にお使い下さい。リンク自由!

"☆)゚∀゚)━パソコンからの閲覧推奨
オイさ~  ぉリャサ~
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、神奈川県小田原市では毎年5月3日に小田原北條五代まつり】という最大の催事があります。
武者隊や音楽隊など総勢2000名を超え、3000mに渡りパレードを行います。
ちびっ子の忍者や鉄砲隊、小田原提灯音頭や自衛隊やボーイスカウトも出てます。
rifle.jpg  IMG0579.jpg
IMG0576.jpg  IMG0560.jpg  IMG0567.jpg

 もちろん"""""( ̄▽ ̄)ムフフな女子高生チアガールもいますゅんゆん♪

本当に小学生から年配の方までいろんな格好とパフォーマンスで出ています。
阿藤快さんやフットサルのベルマーレチーム、FMヨコハマの藤田君も来てくれます。
IMG0566.jpg
↓FMヨコハマとおだわらFMで闘ってる?!(^-^)
fujitakun.jpg

 こんなパレードの最後に神社神輿が5基出ています。。。
※(神社神輿神社神輿です。町内会や同好会の神輿に対して本社神輿と呼ばれる大きな神輿です。)
as3mikosi05.jpg
松原大稲荷山王居神神社下府中連合の神輿が出ていて、それぞれ担ぎ方が違う
んですが、松原大稲荷山王小田原という全国的に見て珍しい担ぎ方をします。
詳細はwikipedia>神輿の担ぎ方>小田原担ぎ
 
 違う神社の本社神輿が合体して走るのは小田原だけでしょうね。

 実はこのパレードに神輿を出している神社はこの北條五代まつりに合わせて
例大祭を同時に行うんです
ね!

 よく春先や秋口に小さな神社が同じ日に例大祭をやっていますが、
この4社1連合は市内中心部という地理的要因もあり、規模がまるで違います。


 市では3日の宣伝は積極的にしますが、4日5日の宣伝はあまりしません。

 しかし、5日なんて小田原市の中心部に単純計算で50基近い神輿が出ているんです。
松原28基、大稲荷11基と2社の大人神輿だけで39基もある訳です。
これに子供神輿と山車もあるので村祭りのレベルではないんですがねぇ~。。。

 ここで一つお願いなんですが、↓を頭の片隅にでも入れていただけると幸いです。
--◆「小田原は5月4日,5日も祭りで車は混む」◆--と。
(観光以前の問題なので、祭り前に観光協会には電凸確認済み、頑張ってるらしい。)




5月3日(月曜・憲法記念日)
  何を守るの?憲法9条。 幻想9条、現状窮状
-------さて、そんな感じで明けた当日の朝-------
07:00 しめ縄張りでしたが俺は不眠のため、親父に出てもらいました。
09:30 自治会社務所で神酒所設営、神輿組み立てに。
磨いたり、担ぎ棒取り付け、布巻き、大綱張り、提灯取り付け
綱はいつもやり方を忘れる。。
Phoenix.jpg
サンポールで神輿の屋根の真鍮を磨いたら一面だけ色が変わっちゃった"(;・∀・)
↓1時間半前に場所取りする人達
sitset.jpg
CA3B8934.jpg
↓動員された警官
police.jpg
12:00 作業途中だったけど、みんなで近くの中華料理屋「いろは」に。
13:00 俺一旦帰宅、(というよりバックれ///
デジカメと携帯電話を充電して白ダボに着替える。
この時点で白ダボに着替えたのはパレードの撮影、特に神輿の撮影がしやすいから。
動きやすいとかじゃなくて、同化・浸潤できるから。
 
 普段着で道路の真ん中でカメラ構えてたら怒号…いや、拳や物が飛んできたり、
警官に止められるでしょ "|/゚U゚|ノ ---===≡≡≡ 卍 シュッ!
 白ダボを着ていれば、
神輿の関係者からは「あ、こいつは神輿の動きが分ってるな。」
観客からは「あ、パレード出るのかな?参加者だな」と思われるわけです。


14:00  ひたすら撮影
万葉の湯前
↓小田原ちょうちん踊り(音頭)?
odawaracyochin.jpg
あまりに混雑してたので、遠回りして走りまくって大工町に移動
↓日の丸を持つボーイスカウト
bsflg.jpg
↓ちびっ子赤忍者 「がんばれ~」
redninjya.jpg
↓同 黒忍者
bkninjya.jpg
↓国際色豊かな武士たち
msya.jpg
下府中連合「賀茂神社」の神輿
f-simof.jpg
↓「居神神社」
f-igami.jpg
大稲荷神社の巫女さん
dainari.jpg
↓横に並ぶ3神社の高張提灯(たかはりちょうちん)
takahari.jpg
↓3基合体した神社神輿(合体した瞬間に地鳴りのような歓声と拍手)
http://www.youtube.com/watch?v=YOvVnnoiBf8
3united.jpg

15:00 社務所に戻り友達や自治会仲間と歓談wiz酒
15:40 御霊入れ神輿に神様を入れることです
松原神社の入り口
shrine-ent.jpg
↑宮入り(御霊を神社に返すこと)の時はこの門から奥の鳥居まで一気に神輿で走ります! ※普段はこの木の門はありません
ちなみに御霊を入れ、御祈祷してもらうまでは神輿は台車等で運び、掛け声はありません
知らない人が見たら「静かな祭りだな~」と思うかも

↓御霊入れに来た「筋違橋・欄干橋」の大人&子供神輿
mitama stdby
↓ご祈祷を受ける子供たち
rite.jpg
何回か突っ駆け(走ること。「飛ぶ」とも言う)。
17:00前 社務所戻り。総勢15人前後で大変でした。。。
17:33 彼女のトコに顔出し
17:50 鳥かつ楼で先に行ってた自治会メンバー+担いでくれた人達と合流。
それぞれが連れて来た友達も含めて皆で自己紹介、歓談。
20:00過ぎ頃 近くのフィリピンへ
ヤバかった!
3日の乙よろ会でこんなに盛り上がった事は無いでしょ?!
年齢的にも20代前半が多いし、俺より上の人も乗りが良い♪
おまけにみんな、まだそれほど疲れてないから!
とにかく凄かったよね。店主さんがビデオ撮ってたもん。
23:00 解散。自分も次の日結婚式出席で早いので素直に帰宅。


5月4日(火曜・みどりの日)
この日は親戚の結婚式のため個人的な内容になります。
 ――興味無い方は飛ばして下さい――

06:00 親父に「6時だぞ!!」と起こされたが、
「だから何?なんかあったっけ?」の意味不明状態。
掛けてあったスーツが視界に入り正気に(;・∀・)
 急いでシャワーを浴び、着替えて走って駅へ。
死にそうになりながら、なんとか間に合い親戚とも合流。
06:50 湘南ライナー発車 
08:30 池袋着 
08:50 椿山荘着 「俺は3回目かな?」専門学校で度々使った。
程なくして道路挟んで向かいの教会へ移動。
09:30 挙式~10:30くらい
10:50 フォーシーズンに移動、ソファで寝る。甥っ子達と遊ぶ。余興のリハをする。
12:30 披露宴~15:00くらい
生演奏してる人達がいたからホテルのサービスかと思ったら新婦の音楽仲間だそうで"ヽ(゚ロ゚ノ)ノ"
ヴェートーベンがお好きなようで別の友人も余興でヴァイオリンとピアノで演奏しておりました。
庭散歩したり記念撮影したり、順次解散。
あ~、力士M○(元横綱)が親戚に居た。。
17:25 湘南ライナー グリーン券を購入するも凄い混雑、しかも小田原まで行かない。
戸塚で乗り換え、
18:54 小田原駅着 家に荷物を置き、スーツのまま社務所に行くとちょうど神輿が帰ってきてるとこだった。
一旦帰り、着替えてまた社務所へ。
ビール飲みながら会話。カレー食べて、神輿を閉まったりの片付け。
20:00 彼女と少し会って、駅周辺を偵察。ドン・キで買い物
21:20 帰宅


5月5日(水曜・こどもの日)
09:00 起床 写真データの整理や祭り道具の整理をしていたら、あっという間に
11:50 集合時間ギリギリ
早めに行って手伝うつもりが、誘った本人が他の地区の友達よりも遅かった(TДT)
渡御まで時間があるので気を取り直してビール。それにしても暑い。
家から国旗を持ってきたら、ちょうど記念撮影。
MGP0194.jpg
さて本番!
12:25くらい 御発ち
繁華街を通り、小田原駅に突っ駆ける見せ場!

神輿渡御、< 交通整理、< 写真撮影 (´▽`*)アハハ
このブログではふざけてますが、、
「当日は本当に気を使うんで!」

↓スクランブル交差点にて。地元、駅前三区「下幸田」
MGP0204.jpg
↓16区鍋町「上若」
MGP0212.jpg
俺が中学くらいの頃は本当に神輿と山車でひしめき合っていたけど、
今は順番を(なんとなく)決めてるので整然としている。
↓右紫:高梨町、左茶:大手前
takanasi-ohte.jpg
↓小田原駅に向かう千度小路と古新宿の合体した「龍宮神社」
MGP0223.jpg
↓同上、はためく大漁旗
MGP0224.jpg
↓「萬町」(よろっちょう)
MGP0236.jpg
↓見渡す限りの神輿と奥の山車(だし)
mikosi street
何にしても神輿が同時にいっぱい集まる事に変わりは無く、
駅前は松原神社と大稲荷神社の区域が重なるので凄くにぎわうことはたしか。
 というか、時間や順番まで決めるなら、通行止めの時間帯を作ればいいのに。
『小田原って本当にやることが中途半端!o(`ω´*)o』

↓駅への突っ駆けを終え、錦通りを進む「魚がし」
uogasinisiki.jpg
大稲荷神社の氏子区域にあたる「錦通」の神酒所
MGP0250.jpg
↓錦通りでの「大手前」
MGP0252.jpg駅へ飛んだ直後から提灯を持っていた女性に肩を入れてもらう。もちろん強制ではなく男性も引き続き担いでたりするし、最初から担いでる女性もいる。

↓大稲荷神社氏子の「大工町」
MGP0253.jpg

17:15くらい 社務所戻り
今年は宮入りが早いので休憩時間は40分 (´Д`;)
そば・うどん+カレー、豚汁の食事。
俺は普通のソバにしました。 (カレーうどんにする人が多かった)
18:00くらい お発ち 
俺は友達の荷物を預かるため一時帰宅。
しばらくして、かまぼこ通りで合流。
18:30 山車と宮入り順が早い町会神輿はもう集結している。
MGP0263.jpg
CA3B8968.jpg
 あちこちで”突っ駆け”が行われる。
これは宮入りの練習と鼓舞を兼ねている←(と思う。ってか理屈じゃねえ!)
↓「代官町」
daikancyo.jpg

↓すれ違う「抹香町」と「本町」
honcyo-tojincyo.jpg

↓今年初めて新調した1区「城山」の神輿
siroyama2.jpgこれで松原神社は全ての神輿が揃った。

 宮入り前の青物町は観客も他の神輿も多く、
他より良く見せたいから張り合う!
 しかし、神輿同士が合体することもあり、競争とも共合ともつかない感じ。
 と に か く 盛り上がる

MGP0272.jpg
shiroyama.jpg
MGP0275.jpg
 本社神輿が宮入りしてからもしばらく時間があったので、
写真撮影したり、他で担いでる友達と談笑したり。

↓宮入り直前!!
MGP0294.jpg
20:10頃? ついに宮入り。
今年は山車の太鼓の音がやけに大きかったのと、
前のほうの担ぎ手の声が小さくて木遣りがほとんど聞こえなかったヽ(`Д´)ノ
 宮入り自体は綺麗に決まったし萌えた!燃えた。

帰りは御霊を返してるので、どっこいや江戸前をやるんですね、内の神輿は。
応援で来た神輿会の人が甚句歌えるし、ウチの神輿はタンスが付いてる♪
まあ、普段やらない担ぎ方だし宮入り後なんで、皆すぐにバテるんですが。。

20:40ころ 社務所戻り 食事・談笑・片付け
最後まで友達が待っててくれたんで、、
22:20 和民で御礼を兼ねて個人的打ち上げ。
他の自治会仲間もそれぞれ駅のほうで飲んでました。
俺の友達3人共、今年はなんか煮え切らないよう感じだったそうで不満を言ってました。
たしかに!去年は「雨の中でも楽しかった」と言ってたんですが。
まあ、よくあるアレです。
「ずっと肩入れてなかった人が宮入り前になって入ってくる」
(ボソ 俺もそうだけど。。。。)
とりあえず拝聴して、上に報告してあります。
もう一つは宮入り順が早くて5日の休憩時間が少なくて異常に疲れた。
しかしこれは仕方が無い。

02:00 タクシー組を駅へ送る。
祭りが終った後は、知らない人でも祭服の人に
「お疲れ様」と挨拶するのが気持ち良い♪

今年は若い子から先に声を掛けられた!どこの区だろう。感心!
02:20 帰宅
おまけ↓'98年頃??「まだskipが無い」
98]sitakouda
おまけ追加
s2004watasi.jpg
2008nite.jpg



5月6日(木曜)
10:10 社務所に片付けに行く。一頻り片付けて
11:00 仕事に戻る。
11:10 青年会会長が来て、お誘い。片付けた人で「だるま」で食事するとのこと。
仕事はそんなに忙しくもなかったので同行。
平日の午前中からビールを飲んじゃいました( ^▽^)
天丼を食し、昼前に帰社。
仕事
17:00 1件納品
19:30 終了 


5月8日(土曜)
波あるも前日不眠で波乗りをあきらめる
写真をDVDに焼こうとしたけどできずに、あきらめる
22:30 またもや着物で、○だりぃに飲みに行く。夏にお世話になっている区の人数人に会う。
話す内容は8割祭り。
01:00 1人でbarに。ここのマスターも祭りに出てるので盛り上がる。
祭り中、masterが「感動して泣きそう」と仲間に言ったら…
その人「今話し掛けるんじゃねえ」と言って先に泣いていたそうです。

03:00 帰宅


5月9日(日曜
09:30 起床 昨日に続き写真をDVD焼こうとするができないので再びあきらめる
13:40 出
14:20 キタムラで写真注文
15:00 花水着。波がないのでしばらく休んで波乗り再びあきらめる
16:00 キタムラで写真受け取り
16:30 彼女と会う
17:00 母親に花をあげる
17:20 走りに出る。馬出し門~藤棚~三角天神社居神神社~青橋~大稲荷神社~小田原駅前
18:00 急いでシャワー、着替え、PCと写真とデジカメ持って
18:30 残払い会場到着集合時間ぴたり、でも半分も集まってなかった。。。
 残払い
21:00くらい
 二次会
23:00 帰宅

以上です。皇紀2670年西暦2010年平成22年5月 作成

トラックバックテーマ 第954回「連休中の出来事」

スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 神輿 小田原 松原 大稲荷 山王 居神 下府中 神社 北條 五代

12:57  |  案内、告知、観光、宣伝、オヌヌメ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.11 (Tue)

5/1,2土日:祭りの前の和み

次の記事で「祭り」書きます
5月1日(土曜)夜
着物で○だりぃに飲みに行く。
着付けはようつべ見ながら&99歳のばあちゃんに教わった。

5月2日(日曜)
13:20 伊勢原の東海大病院に友人の見舞い行った彼女を拾いに出る。 
13:40 ※「ステーションワゴン系の車で、後ろだけガラスを左右とも半分くらい下げて、
70~90km/hで走ると風圧でヘリに乗ってる感じが味わえる♪
」んだが、
コレをやっていたら片方壊れて戻らなくなった!
14:20 現着
15:00くらい ( ゚Д゚)グラッチェで食事 (ガラスが手で上がって安心)
16:00 俺の希望で大山阿夫利神社
凄い人数が上から降りてくるから何かやってるのかと思ったぜ( ; ゚Д゚)
16:20 最終の登りケーブルカーに乗車、うちらだけかと思ったらもう一組いた。
ooyama.jpg
間もなく神社到着。駅には溢れんばかりの人々…。乗り切れず増発してた。
とりあえず参拝。
ooyma,torii  ooyamabirvew.jpg
境内回ってお約束の護摩木に「日本国の国土回復」を書いてお炊き上げ。
時間が無かったけど大山初体験できて満足。
17:30 下山
20:30 大勝軒でつけ麺を食す。
大将軒

意外に麺の量が多く、満腹。。
以前にここで普通のラーメン食べたけど不愉快な味でしたが、
つけ麺は美味い。


トラックバックテーマ 第954回「連休中の出来事」

テーマ : 中古車 - ジャンル : 車・バイク

タグ : 着物 大山阿夫利神社 大勝軒 ラーメン 国土回復 ステーションワゴン

00:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.08 (Sat)

和服、カメラ、神輿

小田原の祭りの記事は少々お待ちを。

4月25日(日曜)
13:00 タイヤ探しに出掛けるもどこも混んでいて断念。
家電量販店でデジカメちら見、大雄山駅近くでランチ
 大 渋 滞 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

15:00に従兄弟の結婚式余興で打ち合わせする予定が
映画の予約をしていたため間に合わず、不参加で(;´Д`)

アリス観賞、映画終了時点で従兄弟たちは解散済みだったので
ドライブして帰宅。

4月28日(水曜)
01:15-01:50 祭りも近いので久しぶりに走った。

4月29日(木曜)昭和の日
10:30起床 PCでデジカメ、着付け、菅原神社神輿渡御を調査。
洗車・給油、デジカメ検証に家電量販店へ。
ついでに菅原神社近辺を回ってみたら、
しめ縄も無いし、神社に屋台も出てない。。
ってゆ~か、、、人が1人も居ない。。。(;´Д`)
HP見たら渡御は12時まで、屋台は夕方まで出てると書いてあったけど!( ; ゚Д゚)
かろうじてコロナの入り口で酒盛りしてる人達を目撃。
後から聞くと、10時前後に雨の中を小1時間担いで解散した模様。
60年ぶりの神輿、見たかったけどなあ。。。
雨じゃ、余計に傷んだことでしょう。

16:00頃、専門店でデジカメ購入
PENTAX optio w90
CA3B8927.jpg
防水、耐衝撃、耐塵性能があって価格的に買えるのがコレだった。
カシオ G-shockカメラはボタンの設計と光学ズームが致命的に使えなかった し、
LT2はまだ高いし、他のもタッチパネルのため却下。
レビューは祭りの記事の写真とyoutubeの動画を見てください。

4月30日(金曜)
仕事終了後、着付け練習。
普段着に着替え、
21:30 駅近くの焼鳥屋さんに納品がてら飲み食いに行く。
従姉妹から近くで飲んでると連絡、
22:40 Barで従姉妹とその友人と合流。
2人とも着物でびっくり!
「なんだぁ~、俺も着物着てくればヨカターヨ」
ちなみにこのお友達は俺の友達の同業者で面識がありました。
00:00 帰宅


トラックバックテーマ 第955回「写真は撮るほう?写るほう?」


答え:撮るほう。どちらも多いけど♪その時の周りの人にも因る。

テーマ : AV機器・家電製品 - ジャンル : ライフ

タグ : 和服 着物 デジカメ 防水 菅原神社 pentax アリス 大雄山 キッシュ

03:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.01 (Sat)

伝統育成と自衛官・消防士の確保

 以下を実施すれば、伝統芸能などの後継者の確保や東日本大震災で顕著になった自衛官・予備自補、消防士、消防団員の拡充、郷土愛や防災知識の育成、経済の活性化につながると思います。
 
 素人な俺が考えたので欠陥だらけでしょうが、人権擁護擁護法案とかに比べたらマシだと思います。

2009年夏の記事に書いた部分を分割
原案は署名TV、俺が編集
法案名=社会体験法案 (※名称=要再考)
  
太田総理的名=いろいろ体験で日本元気!法案

●主題
中学生(基本的に2年生)において、授業の一環として、
既存の就職体験とは別に、「自衛隊体験入隊や農業体験などをさせます。」

●概要
 特に本人の希望が無い場合は1泊2日の自衛隊体験入隊を基本とし(日本国籍を有する者に限定)、希望があれば以下と差し替えることができる。

1.警察官・消防士体験(2泊3日)

2.介護・看護体験、農業・漁業・林業体験(6泊7日)

3.清掃活動などのボランティア、後継者の少ない伝統工芸など(2週間目安)


 -補足1:上記2と3の受け入れ先の選定については希望を募り、当制度の実施機関が選定する。
 -補足2:本人が複数または再度体験したいと希望した場合はこれを許可し、公欠扱いとする。 


■目的と期待効果 
自衛隊や消防・警察にあっては、これにより集団行動が身に付き、屈強な精神力を育成できる。また、連帯感・責任感・平和意識・防災意識・国防意識・帰属意識が向上する。以ていじめや校内暴力、非行の防止も期待できる。

 その他の体験にあっては、生命の基本や本質、社会生活の基本を文化を肌で感じることにより、将来の進路設計の要素となる
 また、自分の存在意義や社会性を考えられるようになり、自殺者や自発的無職無就学者(ニート)の発生抑制に効果がある。

■制裁 (要再考)
仮に参加拒否をした場合は、国家試験や採用試験などで一定の制裁を課す。
 例:運転免許取得資格、高校入学資格、公務員採用試験の受験資格が与えない。または年齢を引き上げる。

■免責
以下に準ずる場合は制裁を課さない。
1.中学生本人の入院や留学など。
2.同居家族に要介護者がいて、中学生が世話をしないと家庭生活が維持できないような場合。

■免責の除外(要再考)
基本的に以下を理由にした不参加には免責を除外する
1.受験勉強 :
理由=これを認めた場合、希望校に入学することが人生の目的ではない
 これに加えて、皆が同じ条件である。
むしろ、このような考えを持つ者にこそ体験してもらい、受験勉強以上の経験を得てもらう。

2.親の教育方針 :
理由=親の教育方針で法律は変わらない。日本は法治国家である。そのようなモンスターペアレントを抑制する意味もある

3.宗教など :
理由=これを認めれば政教分離に反し憲法違反。これは義務教育の一環である。
 また、ヒトは一人では生きていけない。宗教を考える者にこそ、色々な職業があり相互扶助により社会を形成している実態を肌で感じる良い機会である。 

■救済
上記の免責事項に該当する者、特別の事情で参加できなかった者、拒否した者は
希望すれば中学卒業までに、いつでも体験に参加可能とする。

救済の救済
 1. 免責事項に該当する者、特別の事情で参加できなかった者がそれでも中学卒業までに
参加できなかった場合は当該の機関は精査し、制裁を課さないものとする。
 
 2. 拒否した本人が中学卒業後に体験に参加しなかったことを後悔したり、改心することも考えられる。また、当制度の社会的認知の向上に伴い、体験参加の可否が一つの目安とされることも考えられる。よって中学卒業後も20歳まで体験に参加可能とする。体験後は制裁を課さない。(国家資格の年齢制限など過去に遡った救済は物理的に不可能)

-補足
 ※高校や就職先は努めて公欠扱いとするよう指示。
 ※参加までの社会的制裁はこれを救済しない。


■該当者の拡大
当制度の浸透具合を見て、中学生または中学卒業後の21歳未満の者に限らず、
自発的無職無就学者(ニート)にも納税の義務と同様に法的強制力を以って課すものとする
該当者の選別にあたっては当制度実施機関がこれを精査する。

■実施監督機関
既存の関係公的機関、例えば労働基準監督署などの業務を拡大、または新設の機関で当案の運営、監督を行う。
これを教育委員会などが補佐する。
[期待効果]
1.既存機関にあっては現在不足している監督業務などを拡充、改善、増強できる。
2.既存・新設を問わず、採用枠の増加が不可避となり、雇用の創出につながる。
3.関係機関の連絡が不可欠となるため、のつながりが産まれ、非効率的な縦割り行政を解消できる。

■報酬
意欲の向上と時間の消費を考え、当然に体験生への報酬は発生する。また体験生の受け入れ先に負担が生じる場合も公費により補助を与える。詳細は別に定めるものとする。

自衛隊体験入隊 http://www.geocities.jp/hitorihk2/jgsdf.html
http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/top/taiken/taiken.htm
http://www.mod.go.jp/j/events/paseri/index.html
=== 以上 ===
 いかがでしょうか?
少なくとも太田総理ででる案よりまともだと思いますが。

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 雇用 景気 後継者 自衛隊 消防 警察 漁業 農業 林業 伝統

16:26  |  日本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。